« 西夏研究 3 | トップページ | 遼金西夏研究の現在 2 »

2009年7月12日

マルワリード用水路

 アフガン用水路が完成へ 6年かけ、ペシャワール会
(47NEWS 6月6日)

 ひと月も前のニュースになるが、アフガニスタン東部で続けられて来たマルワリード用水路開削事業が竣工したとのこと。これは、6月6日に福岡で行われたペシャワール会主催の現地報告会にて、中村代表がビデオレターにて報告されたもののようだ。5月27日発行のペシャワール会報号外によれば、6月15日予定とあるので10日早まったということだろうか。

 何度かテレビ番組などで報じられておりご存知の方も多いことと思う。同事業は、2003年より荒廃した農村の復興を目指して進められて来たもの。全長約24キロメートル、現在までに22平方キロメートルに灌漑しているという。さらに同水路末端には、水路事業職員を中心とした入植者による自立定着村の開墾地として、2平方キロメートルへの灌漑も計画されている。


 以前この件について、会報を手がかりにGoogleMapを探してみたものの、航空写真の画質が粗いこともあって大まかな場所は想定できるものの、詳細な位置あるいは用水路そのものを特定することはできなかった。しばらくぶりにGoogleMap見てみると、当該地のデータが更新されていて、用水路そのものまで見ることができた。以下水路工事進捗報告ペシャワール会 現地報告)および、同会関係者のものかと思われるブログジャララバードで独り言を手がかりに、GoogleMapに用水路を追ってみた。

 資料によれば、用水路は東端部のジャリババ取水口からクナール河の水を取水し、全長24キロメートルで落差わずかに17メートルとほとんど平坦なルートを取り、西側に広がるガンベリ沙漠まで続く。上流からA、B、C地区と区分けされていて、沙漠の入り口に当たるQ地区、さらに沙漠を横断する部分がS地区となっている。A地区からK地区までが第一期13キロメートルで2007年の4月に竣工、L地区から先が第二期分として今夏竣工した部分となる。なお、昨年の段階で一部事業変更がなされたようで、より詳細な報告が100号目となる会報にて報じられるとのこと。

 GoogleMapを見ると、A地区からH地区の途中まで水が入ってることが確認できる。この間、G地区分水門からは、分水路へと分水されている様子も伺い知れる。この分水路は、一番上流に位置するものとのこと。この先J地区あたりまで水路を追うことができることから、一帯の航空写真が2005年の終わりから2006年初めにかけてのものと確認できる。


 灌漑には、単純には肯定できない負の面もあるので、現地を知らない自分としては無条件の賞賛は控える。ただ、一人の人の意思として始まり、様々な悪条件の中にもかかわらずこれだけのことを成し遂げたということ。ただそのことについて、尊敬と羨望が混じるのである。

 GoogleMapのデータは、次はいつ頃更新されるだろう。何年か先には、緑の耕地と村に変貌を遂げたガンベリ沙漠が見られるだろうか。


<追記> (7月18日)
 記事をアップして数日で関係エリアの中央部のGoogleMapデータが更新されました。プロットがずれたため修正を加えましたが、解像度が上がった変わりに撮影日は古いものに変わってます。少し不可解ですが。



より大きな地図で マルワリード用水路 参考地図 を表示

|

« 西夏研究 3 | トップページ | 遼金西夏研究の現在 2 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/45609976

この記事へのトラックバック一覧です: マルワリード用水路:

« 西夏研究 3 | トップページ | 遼金西夏研究の現在 2 »