« 今週のシュトヘルより「数字」 | トップページ | シュトヘル 2 »

2009年10月25日

玄蕃尾城

 9月22日、余呉湖を周回する古戦場を歩いた翌早朝は、滋賀県と福井県の県境を成す山々のひとつにある山城、玄蕃尾城跡を目指した。玄蕃尾城は、1583年春に柴田勝家と羽柴秀吉が覇権を賭けて戦った際、柴田勝家が本陣を置いたとされる城。すぐに雨が降り出すほどではなかったものの、切れ間の無い雲天のもと刀根越えの旧街道を辿りながら訪ねてみた。


 旧街道の登り口となる柳ヶ瀬へは、木之本駅から余呉バスで20分ほど。朝は、7:36発と9:13発の2本がある。柳ヶ瀬の集落の北に峠と城についての案内板があり、そこを過ぎると山道となる。明治天皇が行幸にも使ったという江北と敦賀を結んだ旧街道で、幅員は広め、斜面を迂回するコースをとり勾配も緩めで歩き易かった。登り口から県境となる倉坂峠へは、黙々と歩いて30分ほどで辿り着いた。

 峠から右手の尾根に整備された道を進むと、10分ほどで案内板のある城の入り口で標高は450メートルあまり。城周辺の尾根筋は、頂きというわりには意外になだらかで広さもあった。そればかりでなくこの山城は、これまで自分が見て来たものの中では十分に例外的な形をもっていた。

 山城というと、地形を生かして尾根筋に削平した郭を連ねて尾根を断ち切った堀切で守るというイメージがある。しかし、この城は造りだけを見ているとあまり山城という感が湧いてこなかった。

 玄蕃尾城が造られ使われたのは、賤ヶ岳の戦いの時、1583年3月上旬から4月の下旬までという僅かに二ヶ月に満たない間。しかしながら、南北に大小7つが連なる郭は、現状でもところによって2メートルを越える堅固な土塁とそれよりも深い堀に囲まれ、地形を生かしたというレベルを超えて築き上げたという規模があり、仮設の陣城というには立派なものだった。規模という点では、奈良県の高取城ほどではないとはいえ、主郭周辺の雰囲気だけならば両者の違いは石垣か土塁かというだけと思える。


 1時間ほど隈無く見て歩いてから敦賀側、刀根の集落をめざして旧街道を下った。敦賀側は、峠から5分ほど下に駐車場があり、近くまで舗装された林道が続いているので車があれば簡単に見学ができる。

 峠から谷沿いに続く林道から県道へと歩いて、刀根の集落まで3キロメートルあまりを30分。氣比神社の隣に敦賀市のコミュニティバスの宮前橋バス停があり、休日は12:51発の便で敦賀駅までは30分で出られる。

 歩く距離はそこそこあるものの、木之本駅発9:13のバスを使ってもあまり無理をせずに敦賀行きのバスに乗れるように思う。自分は、時間がだいぶあったのでその先さらに6キロメートル余りを北陸線の新疋田駅まで歩いた。



 柳ヶ瀬集落の北側にある案内板。峠へは左の道をたどる。


 城跡への案内板が立つ倉坂峠の切り通し。南側を登れば、佐久間盛政が本陣を構えたという行市山砦跡への道がある。


 玄蕃尾城の中心となる郭。北側角(写真奥)には櫓台が想定される一段高い区画がある。


 櫓台から郭を囲む土塁を見たところ。右下が空堀。


 櫓台の下あたりの空堀。高さは2メートルを越える。


 倉坂峠からは、柴田勝家によって築かれた軍道が行市山砦跡まで続いていたという。峠から垂直に近い道を這い上がると、それを思わせる広い幅を持つ尾根にでた。


<参考>
 近江城郭探訪(滋賀県教育委員会編/サンライズ出版 2006年)
 近江の山城 ベスト50を歩く(中井均編/サンライズ出版 2006年)


玄蕃尾城跡周辺参考地図(電子国土)
 地図右上の「+」「ー」をクリックすると地図が拡大縮小します。
 赤丸にカーソルを当てるとコメントが表示されます。
 マウスの操作で地図の表示位置をスライドできます。

|

« 今週のシュトヘルより「数字」 | トップページ | シュトヘル 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/46515664

この記事へのトラックバック一覧です: 玄蕃尾城:

« 今週のシュトヘルより「数字」 | トップページ | シュトヘル 2 »