« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月 4日

国吉城

 9月22日は、玄蕃尾城、疋壇城に続いてもうひとつ城跡を見て歩いた。昼過ぎに新疋田駅から敦賀経由で小浜線の電車に乗り継いだが、乗り換えの便が悪くて美浜駅に着いたのは3時近くだった。目的の国吉城跡は、駅から東へ3キロメートル近く離れている。あまり遅くなると写真を撮るのにも厳しくなるので、行きはタクシーを使った。


 国吉城は、若狭国の東を守る重要な城であったという。再三にわたって隣国越前朝倉氏の攻撃を受けたが、城主の粟屋氏はこの城を盾にその都度撃退したとのこと。また、織田信長が朝倉攻めの際に立ち寄っており、丸一日逗留したことが信長公記に見える。

 粟屋氏縁という徳賞寺を行き先に告げてタクシーに乗ったところ、寺の門前に今年4月にオープンしたという真新しい建物の若狭国吉城歴史資料館が建っていた。館内はさほど広くはないものの、近年積極的に行われているという発掘の成果が展示されていた。現在は、城の南西麓に広がる居館群の発掘が中心になっているようだ。


 資料館の隣から発掘現場の中を抜けて、近年整備された登城道を辿ると本丸跡まではおよそ20分。今のところ整備されているのは本丸下帯郭の入り口までだが、途中に急なところがかなりあるので助かった。

 城跡は、一部に石垣が残るほかに虎口、土塁、堀切りなどが残り戦国の実戦を越えて来た雰囲気が残っている。ただし、関ヶ原後に入封した京極氏の時代にも城下町ともども整備されたとのこと、どこまでが戦国時代の遺構か簡単には区別できなかった。

 この城の特徴のひとつは、本丸から北西に続く尾根の上に五段にわたって造成された郭群。一つひとつの郭の面積が広くその分段差が大きい。大きいところでは高さ10メートルは越えていたように思う。

 それらの郭を一回り見て歩いてから資料館の前まで降りて戻るのに小一時間。夕方4時をまわり、薄暗くなり初めていた。早朝に余呉湖畔を出てからバスと電車を乗り継ぎながら城跡3つと峠越えの山道を踏破した。さすがに膝回りを中心に足は疲労困憊といった状態だった。


2009110311
 山麓に建つ若狭国吉城歴史資料館。煙出を載せた武家屋敷風という感じか?

2009110312
 登城道から見下ろした居館群の発掘現場。

2009110313
 虎口の形を残す登り口側から見上げた本丸跡。

2009110314
 北西の郭群のひとつから上の郭へと続く法面を見たところ。

2009110315
 本丸付近から見下ろした若狭湾。山の向こうが越前になる。

※クリックで拡大写真がポップアップします


<参考>
 国吉城址と佐柿の町並み(福井県美浜町教育委員会 2009年)


国吉城跡周辺参考地図(電子国土)
 地図右上の「+」「ー」をクリックすると地図が拡大縮小します。
 赤丸にカーソルを当てるとコメントが表示されます。
 マウスの操作で地図の表示位置をスライドできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日

疋壇城

 9月22日、玄蕃尾城跡を巡り終えた後、昼前後に小雨に見舞われる中旧街道を疋田まで歩いた。

 国道から疋田の集落の中へ入ると、かつて水運に利用されたという水路沿いの道が整備されていた。疋壇城跡は、集落の南西、10数メートル登った丘の上の残されていた。周囲より一回り高い丘の中腹という場所で、山城ではなくて少し堅固な城館といった風情。

 近江の湖東と湖西それぞれを通って敦賀へ抜ける街道が交わるという要衝であり、また越前最南部という意味でも重要な場所だったといえるだろう。織田信長による二度の越前朝倉氏侵攻に際しても攻防の場所となったという。


 城跡は、南北に連なるゆったりとした広さを持つ郭が確認できる。南側は、小学校の跡地とのことで今は整地されてグランドになっている。その北の一段高い郭が城の中心だったと思われる。登り口に案内板が建てられ、石垣も確認できる。郭内はほとんどが畑になっていて立ち入るのは憚られた。

 その更に、奥にも郭があるということだが確認していない。城の西側には北陸線が通っている。新疋田駅までは、南へ歩いて10分の距離。


2009110301_4
 疋田の集落を抜ける旧街道沿いに案内標識が立つ。

2009110302_3
 標識のところを西に曲がると、神社の境内へ続くような石段が聳える。

2009110303_3
 グランドを背に中心となる郭の段を見上げたところ。虎口らしい形やさらに小高い区画を確認できるものの、往時のものか以後の改変の結果なのかは判然としない。

※クリックで拡大写真がポップアップします


疋壇城跡周辺参考地図(電子国土)
 地図右上の「+」「ー」をクリックすると地図が拡大縮小します。
 マウスの操作で地図の表示位置をスライドできます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日

シュトヘル 2

BCS2799
シュトヘル 2
伊藤悠 著
ISBN978-4-09-182799-9
小学館 2009.11

 金曜日に発売になった新刊を早速買って来た。9話から15話まで、6話分を集録している。2週間前にスピリッツに掲載された15話が集録されていたのにちょっと驚いた。


 ざっと見たところ、連載との違いは見つけられなかった。なので内容についてはこれといったコメントは無い。


 表紙は、サブキャラ筆頭のユルール。左の写真は中表紙のもので、目次のところに

カバーおよび表紙の文字は「祝福(慶喜)」の西夏語表記。
とある。これはユルールの名前を表記したものと思われる。発音はユルールではないので、音写ではなくて意訳による表記ということになる。単なる西夏文字表記ではなく、西夏表記ということだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »