« (書評)ルワンダ中央銀行総裁日記 | トップページ | 今週のシュトヘルより「仏塔」 »

2010年1月26日

今週のシュトヘルより

 久しぶりにシュトヘルの話。

 といっても西夏文字が出て来たのは、一カ所2文字のみ。主人公は、囚われの身となりながら「教わった字は、書けるようになったよ」と地面に西夏文字を書いてみせた。自分の名前かと思ったら昔の仲間、屈漢のものだった。


 ストーリーは、一回りして元に戻る一歩手前というところか?

 また、大ハンの回想として子供のテムジンが出ている。この描き方はどう評価されるだろう。

|

« (書評)ルワンダ中央銀行総裁日記 | トップページ | 今週のシュトヘルより「仏塔」 »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いします(遅い)

あるいは、「シュトヘル」に相当する文字は教わっていない?!(笑)>現主人公

姓名に特化した西夏文字はなかなか覚えられなくて、困っています。
人名(文字)辞典(あるいは字典)があれば便利なのはわかっているのですが、「雑字」の姓を簡単に並べたものを作ってそれっきりです。。
勉強会メンバーで手分けして作りますか??

投稿: 某研究会会長 | 2010年1月27日 18時23分

某研究会会長さんこんばんわ

先日は残念ながら出席できませんでしたが
今年もよろしくおねがいします

教わっていない可能性は大きそうですね


名前を教わる場面
仲間の名前3人を書いてもらって
感慨に耽ってますからねぇ

人名事典
勉強のネタとしては魅力的です
なかなか覚えられない文字に取り付くには
面白いじゃないでしょうか?

投稿: 武藤 臼 | 2010年1月27日 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/47394002

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のシュトヘルより:

« (書評)ルワンダ中央銀行総裁日記 | トップページ | 今週のシュトヘルより「仏塔」 »