« 8月のシュトヘルより「ミ」 | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会 »

2011年1月29日

今月のシュトヘル

 西夏の都、興慶府を巡る戦いが一段落したここ数話、これからの展開が今ひとつ見えて来ないところだが、今月(3月号)は主役級がまったく出て来ない話だった。いろいろとネタ振りと見ることもできるが、これからどう繋がって行くのか・・・

 興慶府の戦いに区切りがつき、すっかり西夏が滅んでしまった様にも見えるが、そういうわけではない。これまで続いて来た戦いは、ドーソンのモンゴル帝国史でいえば、1209年の第三次タングート侵入にあたる。西夏の滅亡はまだ18年も先のこと。その前には、チンギス=ハンによる中央アジア遠征があるわけだが、今回の話はそのネタ振りということなのか。

 その中、最後の2ページに少し思わせぶりな話が含まれているが、その終わりに西夏文字が4文字でてくる。物語の中ではその意味は語られていないが、前との繋がりからなんとなく察せられるかもしれない。


 4文字の内、2文字目は格助詞で「~の、~に、~を」の意味。3文字目は、奴僕の意味を持つ。夏漢字典に出ている用例から4文字目が確定できて、二字熟語としても「奴僕」という意味となる。2文字目から4文字目で「○○の奴僕、下僕」と読めるが、その1文字目には何が入るのだろう。数詞の4、唖、花、年、祖、あるいはどこかの部族の姓といった文字にも見える。この中に答えがあるのか、それとも外しているのか。次回、解き明かされるだろうか。

|

« 8月のシュトヘルより「ミ」 | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会 »

西夏史」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
次回以降への「ひき」で1文字目が伏字でしょうか?(笑)
あの焼き鏝はそれぞれ独立した「活字」なんでしょうか?
小柄な私の背中には二文字くらいしか入りませんね(笑)

投稿: 某勉強会会長 | 2011年2月 5日 09時34分

>某勉強会会長さん
今年もよろしくお願いします。

さすが「人」偏です。
可能性のある文字が沢山ありますね。
話の流れ的には「これなのかな?」というのもありますが、
次回以降のお楽しみにとっておきます。

それにしてもどうやって焼き付けたのかは
謎ですねえ・・・

投稿: 武藤 臼 | 2011年2月 6日 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162739/50718296

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のシュトヘル:

« 8月のシュトヘルより「ミ」 | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会 »