2013年9月 8日

西夏語研究新論

20130908

西夏語研究新論
西田龍雄 著
西田龍雄博士論集刊行委員会 編
ISBN978-4-87974-669-6
松香堂書店 2012.9


遅ればせながら、昨年逝去された西田先生の論集を購入した。論文27編の内、私には24編までが初見で興味深いタイトルが並んでいる。一部から三部までだけで566ページ、巻末の付録まで併せると600ページを超える大著で、携行もままならないのでなかなか進まないがなんとか年内には読破したい。

以下参考までに目次を抜き書きした。

第1部 序論
1 西夏語研究を顧みて
2 漢字周辺の文字と西夏文字
3 西夏文字---漢字を超えた表意文字の傑作---
4 死言語の復元と表意文字の解読---西夏語と西夏文字の特性---
5 西夏文字解読の新段階
6 西夏文字新考
7 西夏文字の特性---その文字組織の新研究---
8 西夏語研究雑考

第2部 本論
9 西夏語仏典目録編纂上の諸問題
10 西夏語訳法華経について
11 西夏語研究の新領域
12 西夏語文法新考
13 西夏語訳六十四卦と鍼灸書
14 西夏語文法新探
15 黒水城出土西夏文献について
16 西夏語研究と法華経(I)
17 西夏語研究と法華経(II)
18 西夏語研究と法華経(III)
19 西夏語研究と法華経(IV)
20 中文訳『西夏語の研究』への序文
21 西夏語の誕生とその系譜
22 西夏語(三省堂『言語学大事典』)

第3部 書評論文
23 史金波・黄振華・聶鴻音著『類林研究』
24 林英津著『夏訳《孫子兵法》研究』上册・下册
25 西北第二民族学院・上海古籍出版社・英国国家図書館編纂『英蔵黒水城文献』1
26 西北第二民族学院・上海古籍出版社・英国国家図書館編纂『英蔵黒水城文献』2,3,4
27 西北第二民族学院・上海古籍出版社・英国国家図書館編纂『英蔵黒水城文献』5

論文等初出一覧

付録
座談会「学問の思い出---西田龍雄博士を囲んで---」
西田龍雄博士 略年譜
西田龍雄博士 主要著作目録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日

西田龍雄氏死去

西田龍雄氏死去(時事ドットコム)

西田 龍雄氏(にしだ・たつお=京都大名誉教授・言語学)26日午前5時34分、心不全のため京都府宇治市の病院で死去、83歳。大阪市出身。
(中略)
11〜13世紀に中国西北部にあった国「西夏」の言語を研究。大量に見つかったものの未解読だった西夏語文献を解読したなどとして、2008年に文化功労者に選ばれた。

先生の功績は、ここで解説を要するものではないでしょう。西夏文字、西夏語の解読はもとより、西夏史の解説、西夏文字とタングート語の関係、タングート語のチベットビルマ語族における位置づけなどどれも興味深く、かつ奥行きの深いものばかりです。

当ブログと西夏史への招待において、西夏史を取り上げようと思い至ったことの一端はまぎれもなく先生にありました。先生なくして当ブログは存在せず、また私にとっての歴史学は楽しい趣味のひとつで終わっていたことでしょう。

このような世界を切開かれた先生に御礼を申し上げると共に、ご冥福をお祈り申し上げます。

論集の準備が進んでいるとのこと。出版の日を心待ちにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月30日

今月のシュトヘル

 11月号収録のシュトヘルには、沢山の西夏文字が出て来たので、久しぶりにコメントしてみる。

 まずは、以前に触れた・・・具体的にはチンギス=ハンの背中に刻されたという4つの西夏文字が再登場している。その4文字は、「西夏の奴隷」の意とのこと。前回不明としたその一文字目は、「西夏」ということにる。これは、西夏人もしくはタングート族の自称「ミ」のことであるようだが、「ミ」の篇は辞書活字としては「ノノメ」ではなく「ノノイ」に近い。この違いは、書体のバリエーションとして許容される範囲、もしくは物語の設定的に甘受すべき範囲ということなのか。

 ちなみに「ミ」字は、夏漢字典では真ん中の縦棒を含む「ノノイl」までが篇とされている。


 今回は、主人公たちの前に更に沢山の西夏文字が登場するのだが、一文字一文字が小さくて釈字するのがちょっと厳しい。その中で比較的判別し易そうな10ページ目に出ているもの(鷹が筆をくわえているコマのもの)について辞書を引いてみた。

 5行目に段落の見出しと思しき5つの文字があるが、4文字目までで「舌頭音字」と読める(5文字目は残念ながら釈字できなかった)。その左に並んでいる文字のいくつかを引いてみると、どれも「舌頭音」の文字だった。彼らが読み書きしていたものは、日記的な文書の類いではなく、同音の内容そのものなのかどうかは分らないものの、純粋に文字の手習いということなのだろう。


 細かな突っ込みをひとつ。チンギス=ハンが生まれ育った現在のモンゴル国北東部と西夏領最北端とは、直線距離で700km以上離れている。ちょっと略奪してきますという距離ではないのだが、これはいずれ解き明かされるのか、あるいは笑って見過ごすべきことなのか。


 単行本の第5集、10月28日発売とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日

第11回遼金西夏史研究会大会

 19日、20日両日に開催された大会、所用のため20日のみの出席となったが、今年も聴講させていただいた。半分の4本しか聴けなかったのが残念ではあるものの、本会らしく幅も深さも濃い内容で興味深いものだった。

 大会のプログラムは、新装なった研究会のサイトより、遼金西夏史研究会大会 会告を参照されたい。


 久しぶりに再会した諸氏より、以下の成果を拝領した。先端の論文に付いて行けるか心もとないが、近々に拝読させていただきます。ありがとうございました。

シネウス碑文訳注
 内陸アジア言語の研究XXIVより抜き刷り
 森安孝夫、鈴木宏節、齊藤茂雄、田村健、白玉冬

西夏法典『天盛旧改新定禁令』に於ける宗教規程
 龍谷大学大学院文学研究科紀要 第32集 2010年度 抜き刷り
 藤本匡

西北出土文献研究 第8号
 西北出土文献研究会 2010.5
 【訳注】西夏法令集『天盛禁令』符牌関連条文訳注(上)(佐藤貴保)ほか6本を掲載

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月29日

今月のシュトヘル

 西夏の都、興慶府を巡る戦いが一段落したここ数話、これからの展開が今ひとつ見えて来ないところだが、今月(3月号)は主役級がまったく出て来ない話だった。いろいろとネタ振りと見ることもできるが、これからどう繋がって行くのか・・・

 興慶府の戦いに区切りがつき、すっかり西夏が滅んでしまった様にも見えるが、そういうわけではない。これまで続いて来た戦いは、ドーソンのモンゴル帝国史でいえば、1209年の第三次タングート侵入にあたる。西夏の滅亡はまだ18年も先のこと。その前には、チンギス=ハンによる中央アジア遠征があるわけだが、今回の話はそのネタ振りということなのか。

 その中、最後の2ページに少し思わせぶりな話が含まれているが、その終わりに西夏文字が4文字でてくる。物語の中ではその意味は語られていないが、前との繋がりからなんとなく察せられるかもしれない。


 4文字の内、2文字目は格助詞で「~の、~に、~を」の意味。3文字目は、奴僕の意味を持つ。夏漢字典に出ている用例から4文字目が確定できて、二字熟語としても「奴僕」という意味となる。2文字目から4文字目で「○○の奴僕、下僕」と読めるが、その1文字目には何が入るのだろう。数詞の4、唖、花、年、祖、あるいはどこかの部族の姓といった文字にも見える。この中に答えがあるのか、それとも外しているのか。次回、解き明かされるだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日

8月のシュトヘルより「ミ」

 先週発売された月刊スピリッツ掲載のシュトヘルには、番大学院長グルシャンが書き留めた「番大學院藏書録」なる巻物が登場する。この番大學院藏書録というおもて書きには6文字の西夏文字が併記されている。

 夏漢字典をひくと、一文字目(発音はミ)には「タングート族の自称」との説明が付けられ、そのもの「番大學院」という用例が紹介されている。この一文字目のミは、以前紹介した西夏文字Tシャツにプリントされている西夏文字「ミ文字」の一文字目と同じものでもある。

 夏漢字典のミの項には、他の用例として西夏文字の代表的な字典である「夏漢合時掌中珠」の語が掲載されている。夏漢合時掌中珠の西夏文字表記は、同字典の序文にあるとのこと。ミという部族の自称に番の時を当てていることに興味を惹かれる。


 次に再度夏漢字典をひく。「番大學院藏書録」の藏書録の3文字には、根、本、典の意味を持つ文字と綱、歴、簿の意味を持つ文字のが当てられている。これで漢字7文字に対して西夏文字は6文字というわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日

シュトヘル 3

201007311

BCS3420
シュトヘル 3
伊藤悠 著
ISBN978-4-09-183420-1
小学館 2010.8


 昨日発売になったので早速購入。16話から22話まで7話を集録。西夏の都慶興府興慶府にある番大学院にモンゴル軍が攻め込むところまで。以前書いた数字の話の中に出て来た「5:30」については、10が加筆されていた。


201007312 左は、中表紙の写真。目次に「黒虎」の西夏語表記とあるが、月刊スピリッツ9号には「黒虎・ハラバル」とあるので、3巻の表紙に描かれたハラバルのことのようだ。西夏文字2文字は意訳で、1文字目が虎、2文字目が黒。形容詞句が後に来る文法どおり。音は le - nja で、もちろんハラバルとは読めない。ハラバルは、トルコ語かモンゴル語らしい響きだが確認できず。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年7月26日

今月のシュトヘル

201007261

 シュトヘルの連載が、今月から同じ小学館の月刊スピリッツに移動した。週刊誌連載時から月一連載だったのでペースは変わらないものの、両誌のネームバリューを考えれば世間的な露出度はだいぶ下がるだろうか。

 30日には、単行本の第3集が発売されるとのこと。月刊スピリッツにはその表紙が載っている。第3集の表紙はユルールの兄で、シュトヘルを追っているハラバルとなる。


 今月号のシュトヘルには、新しい人物が数人登場する。その内の一人が、西夏国の番大学院長という人物で名を吉祥山。フリ仮名はグルシャンと振られている。「吉」で夏漢字典をひくと、吉、瑞、慶などの意味をもつ文字(夏漢字典の文字番号で4031)の引用熟語の中にそのもの「吉祥山」が載っていて、「雑字」と呼ばれる文献に人名として集録されているとのこと。

 夏漢字典集録の「吉祥山」それぞれの文字(文字番号4031-4437-3763)の発音記号を並べると gju - rjur - sia となり、グルシャンのンに当たる発音が見つからない。また、1文字目gjuも2文字目rjurも漢語とはだいぶ違う音のように見えるが、3文字目siaについては字典に「漢語借詞」とある。


 今月号には、山賊風情の自称金国軍人なる集団が登場する。彼らの描かれている身なりが、どこまで女真人のものを再現しているのか、誰か女真に詳しい人が解説してくれないだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日

西夏語勉強会

 昨日、今年2回目となる西夏語勉強会が開かれた。1回目に私用で参加できなかったのでだいぶ間が開いてしまった。

 今回の教材のひとつが、昨年京都国立博物館で開催されたシルクロード 文字を辿ってに展示された「弦楽器図」。

 墨書された西夏文字は、数詞とそれ以外に分けられ、その内数詞の方が崩しの度合いが大きいとのこ。西夏文字の崩しの実例として解説して頂いた。

 また、そもそも描かれているものが何だったのかという点、書き込まれた西夏文字の釈字をはじめとして、短い時間ながら興味深い議論となった。


 荒川先生より『西夏時代の河西地域における 歴史・言語・文化の諸相に関する研究(アジア・アフリカ言語文化研究所/2010年)』を頂戴した。以下の5本の論文を集録している。ありがとうございます。

 楡林窟第29窟男性供養人像に見る西夏の官制---官僚登用制度を中心に---
  佐藤貴保

 ロシア蔵カラホト出土西夏榷場使関連漢文文書群録文訂補
  佐藤貴保

 敦煌石窟群調査報告---西夏支配期における敦煌石窟群について---
  向本健

 日本における西夏・タングート研究文献目録・続(稿)
  佐藤友則

 莫高窟・楡林窟・東千仏洞西夏文題記訳注
  荒川慎太郎

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月15日

今週のシュトヘルより 「数詞」

 今週号のスピリッツに掲載されたシュトヘル。ストーリー的には、一度もとに戻るというインターバルを置いて次回から新しい展開へと向かうようだ。

 さて、今週号では西夏文字が10個出て来る。1から10までの数詞だ。主人公が覚えた西夏文字として、何度か書留め、さらに声をだして読み上げている。


 290ページ右下には、右に1から5、左に8から10を表す西夏文字が見えている。

 そこに書かれた数詞について、2つ突っ込みを。まずひとつめ。主人公は、289ページに「5:30には戻る」と日本語でメモ書きしたその隣に、西夏文字の5と3を書き添えている。3の後に10が抜けていると見るべきとは思うのだが、文字を覚えたのでとりあえず書いてみたという程度と見れば問題は無いか。

 二つ目は、そこに書かれている西夏文字「3」の字形。左側の篇の形が手元の辞書類に書かれているものと少し異なっている(下記参照)。これは、実際にこういう異体字があるのか、手書きのぶれとして許容できる範囲なのか、それとも間違いとすべきか、残念ながら自分には判断がつかない。


 291ページでは、主人公が自分の書いた数詞の6、7、8、9を読み上げている。西夏語勉強会で頂いた資料より、1から10までを一部簡略化してカタカナで書き出すとおおよそ次のようになる。

 ラゥ、ニィ、ソ、ディル、グゥィ、チェゥ、シャ、ヤル、グゥィ、ア


 ところで、主人公は西夏や西夏文字のことをインターネットで調べていた。この内、209ページの左下にある小さなコマに描かれているのは、インターネット西夏学会のサイト内にある西夏文字呼び出しというページ。ここで、「AA研コードで西夏文字呼び出し」のボタンを押して「20688」と入力。OKを押すと、上で取り上げた西夏文字の「3」が出て来る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧